投稿ページ

  • 写真展 はるのよのゆめ 郷司理恵 4/17-4/30

  • 『はるのよのゆめ』に見る夢はいかにも儚く、浅い眠りの中でイメージもボンヤリと霞む。
    そもそも、夢の中では『時』は縦横無尽に行き来するが、春の光がやんわりと瞼を刺激するのか
    『時』が綺麗に重なって見える。
    そして、目が覚めても、これは虚像なのか実像なのかと思う。
     紙が、夢の記憶を留める媒体であるならば、一枚の紙面に多数の画像の記憶を重ね一夜の夢が、
    消えてなくならない様に留めておこう。

    郷司理恵