投稿ページ

  • ついに小布施ワイナリー グラスで登場!


  • 本日1月最終週よりわいん場のグラスで小布施ワイナリーのワインが登場します。

    小布施ワイナリーは日本を代表するワイナリーの1つです。

    葡萄栽培においても自然に近い状態で葡萄を作る為、

    葡萄の味わいがしっかりして、ワインに旨みが凝縮しています。

    葡萄畑では葡萄の木が草と共存し逞しく育っています。

    自社農場100%化を目指して現在も自社畑を増やし続けているようで、

    利益よりも自分達で納得のいくワインを造ることを信念にされているワイナリーです。

    今回は小布施ワイナリーのソガペールエフィス(自社畑+契約農家)ワインをお楽しみください。

    葡萄の強さと味わいの柔らかさが絶妙なバランスで、旨さが詰まったワインです。

    白:ソガペールエフィス シャルドネ・オーディネール

    赤:ソガペールエフィス メルロー・カベルネソーヴィニヨン・オーディネール

    完全自社畑のドメイヌソガはボトルでご用意しております。

  • 20日(金)、27日(金)は・・


  • わいん場では新企画としまして、

    20日(金)27日(金)は

    マーさんに1日店長をして貰います!

    マーさんは世界中でスキューバダイビングのインストラクターをされているので、

    日本はもとより、世界中の水中に詳しい方です。

    美味しい日本のワインを飲みながら、海の魅力・魔力をたっぷりご堪能下さいませ。

    :写真の作品(Wine-Baラベル展)はマーさんが熱海の水中で遭遇した人魚☆との事です!!

  • 営業日のご連絡

  • 新潟の新ワイナリー ドメーヌ・ショオ グラスで!


  • 明日より2012年わいん場がスタートします。

    皆様今年も宜しくお願いいたします。

    新たな年に何かとびっきりのワインをということで

    新ワイナリー「ドメーヌ・ショオ」の白と赤をグラスでご用意しました。

    このワインはワイナリーにとっても初めてのワインです。

    が、ワイナリーのポテンシャルはすごいです。

    味わいが繊細で、バランスがとても良いです。

    酸味の柔らかさ、まろやかさ、そして後味がやさしく、

    いつまでも口の中にワインを留めて置きたいと思ってしまいます。

    テースティングをして一言「うっ。旨い。」と声が出てしまいました。

    このワインは生産本数も少ないので次の入荷は来年かもしれません。

    新潟のブルゴーニュワインは見逃せません。

    ドメーヌ・ショオ

    白 :  セイベルブラン

    赤 :  マスカットベリーA

  • 今年も宜しくお願い致します


  • 新年明けましておめでとうございます。

    お正月、皆様いかがお過ごしですか?

    わたしは新潟のワイナリーに行って参りました。

    またまた美味しいワインに出会いました!

    新潟を訪れる際はフェルミエワイナリー、カーブドッチワイナリーに伺うのですが、

    普段とは別の道を通ると(迷ったのですが・・)

    今までにない建物に遭遇!

    2011年9月OPENの「ドメーヌ・ショオ」でした。

    ご夫婦で熱心に畑とワイン造りに情熱を注いでいらっしゃいます。

    情熱的な小林さんのお話を伺っていると、

    こちらまでヤル気エネルギーをいただけます。

    「ドメーヌ・ショオ」コンセプト

    土から考えてシンプルにワインを造ります。

    ~栽培~
    地中の微生物や小動物と植物の共生関係を大事にし、
    環境中のひとつの生き物としてぶどうをとらえます。

    ~醸造~
    雑味が残るような自然でシンプルな醸造を目指します。

    新年わいん場のグラスで登場させます!!
    「ドメーヌ・ショオ」の貴重な初ビン詰ワインをご堪能ください。

    またボトルで
    フェルミエワイナリーのヴァンムスー(スパークリング)とシャルドネ
    カーブドッチワイナリーのピノノワールとカベルネソーヴィ二オンもご用意いたしました。

    今年も日本各地の美味しいワインをわいん場登場させていきます。

    本年もどうぞ宜しくお願いいたします。